大濠公園をよくする会

ホーム>大濠公園をよくする会>設立趣旨

設立趣旨

大濠公園の地はもともと「草香江」という入り海でしたが、江戸時代に福岡城が築城され、外堀としての役割を果しました。1929年(昭和4年)3月に「県営大濠公園」として開園、今年で80年の歳月を刻み、この間、幾多の歴史的変遷とドラマを生み出し、福岡県民や市民をはじめ多くの方々の憩いの場として安らぎと思い出を育んで参りました。

今日では、2007年(平成19年)2月に九州で初めての国の「登録記念物」(登録有形文化財制度に基づき保存及び活用のための措置が必要とされる登録された記念物を言う)に指定されるなど、名実ともに日本屈指の歴史公園に位置づけられています。一方、公園利用者の日々の利用状況や行為行動は決して誇られるべきものではなく、公園利用者から多くの苦情や改善申し入れが大濠公園管理事務所に寄せられています。私たちは開園80周年を契機に「誇って語られる大濠公園にしたい」「みんなが安全・安心して楽しく利用できる大濠公園にしたい」「大濠公園に行けばすばらしいドラマが生れるような公園にしたい」との思いから、このたび「大濠公園をよくする会」を設立してオンリーワンの大濠公園にするための活動を展開することにいたしました。

この設立趣旨にご賛同いただきける個人のみなさま!学校、組織、団体、企業などのみなさま!
是非、この会にご加入ください。「すばらしい大濠公園」にするために共に汗を流しましょう。

心からのご入会をお待ちしております。

オンリーワンの公園にするために、あなたも入会しませんか?(※入会費用は一切不要です。)

ページトップ