大濠公園について

ホーム>大濠公園について>沿革・歴史

沿革・歴史

慶長年間、黒田長政が福岡城を建築する時、博多湾の入江であったこの地を外濠として利用、昭和2年ここで開かれた東亜勧業博覧会を機に造園工事を行ない、昭和4年県営大濠公園として開園したものです。

大濠公園年表

※以下の年表は大濠公園管理事務所としての公式の記録ではありませんので、参考程度に利用されてください。

平成18年4月
大濠公園管理事務所による管理業務が始まる。
平成8年2月
パーゴラ設置
平成7年
3月 時計塔設置
9月 ユニバーシアード福岡大会の競歩競技が大濠公園一周園路で実施される。
平成6~7年
一周園路の内側散策路をレンガ敷きにする
平成4~5年
一周園路を脱色アスファルト及びゴムチップ舗装にする。
平成3年12月
浄化施設完成
平成元年3月
さつき橋掛け替え
昭和63年3月
池浄化工事着工。
昭和61年3月
能楽堂完成。
昭和60年6月
浮き見堂修復
昭和59年5月
日本庭園完成オープン。
昭和57年3月
19日  ふくおか'82大博覧会。
昭和54年11月
福岡市美術館開館。公園に接し武道館建設。 日本庭園建設のためプール跡整地。
昭和53年
花火大会再開
昭和50年3月
15日 福岡大博覧会開催。(~5.25)
昭和49年
小鳥の森の整備に着手。
昭和47年
噴水の建設。
昭和44年3月
万葉歌碑「荒津の浜」建つ。 / 4月 駐車場設置。
昭和41年3月
19日 福岡大博覧会開催(~5.29)。
昭和25年
花火大会再開。 (~昭和40年)
昭和24年
浮見堂を東公園より移設。
昭和13年
イタリア使節団の歓迎会が催される。
昭和6年
花火大会始める。(~昭和17年)
昭和4年3月
大濠公園開園。
昭和2年
東亜勧業博覧会開催。
大正15年
大濠公園の工事着手。
慶長6年
黒田長政筑前国に入る。福岡城を築く。

ページトップ